パソコン資格を取得して、就活でしっかり自己アピールしましょう(^^)

2010年10月02日

パソコン資格 転職

パソコンの需要は増え、
今では就職転職する際に
パソコンが使えることが当たり前の条件となっています。


そのため、多くの企業では
応募資格としてパソコンが使えることといった条件が
記載されている場合が多く、
パソコン資格を持っていることが
就職や転職に有利になることも少なくありません。


とはいえ、どういったパソコンの資格が
就職や転職に有利なのかよくわかりませんね。


今までにパソコンを全く使ったことがない場合は、
パソコンの基本的な操作から勉強するといいでしょう。


そして、仕事で使う必要があるのは
パソコンの基本的な操作はもちろん、
ワードやエクセルなどの
文章を作成する際に利用するソフトや
表計算、データ作成などに利用するソフトを
使えることが重要です。


ワードやエクセルなどを使えるように勉強した上で、
就職や転職に有利なパソコンの資格を
取得するために勉強するといいでしょう。


パソコンの資格として、
ワードを使用して作成する
日商PC検定の文書作成3級と
日商PC検定の文書作成2級

エクセルを使用して作成する
日商PC検定のデータ活用3級、
日商PC検定のデータ活用2級、

パソコン検定
いわゆるP検と呼ばれている資格から
ワード、エクセル、パワーポイント、アクセス、
すべてを使いこなせるかをチェックできる
Microsoft Office Specialistと呼ばれる資格があります。


これらを勉強することでスキルアップすることができ、
資格を持っていない方に比べると
就職や転職に有利といえるでしょう。



posted by パソコン資格ナビゲーター at 11:17| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン 資格 転職 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。