パソコン資格を取得して、就活でしっかり自己アピールしましょう(^^)

2010年10月03日

パソコン資格 検定

パソコンができることが当たり前となり、
就職転職には
パソコンが出来る方のほうが有利になってきました。


そのため、パソコン資格
取得する方は多くなっています。


パソコンの検定は年々多くなっていますが、
就職や転職に有利な検定として
オデッセイコミュニケーションズ実施している
Microsoft Office Specialist
またはMOSと呼ばれる、
ワード、エクセル、アクセス、パワーポイントなどを使った資格試験や
パソコン検定またはP検とよばれる
パソコンを使いこなしているかどうかの試験で、
1級・準1級・2級・準2級・3級・4級・準4級・5級の8つに加え、
P検インストラクターまで受験することができる資格です。



Microsoft Office Specialistを取得するメリットとして、
エクセルやワードなどを使うことができる証明になり、
勉強したことがすぐ実践でき、
行う作業や業務の効率をあげることができます。


また、Microsoft Office Specialistを取得しているということを
就職や転職の際にアピールすることもできます。


Microsoft Office Specialistは
世界で通用する国際資格ですので、
日本だけでなく海外でも実力をアピールすることが可能です。


Microsoft Office Specialistには、
ワード、エクセル、アクセス、パワーポイントなどの
基本的な機能や操作が理解できているかどうかをチェックする
スペシャリストレベルと
ワード、エクセル、アクセス、パワーポイントが持つ
高度な機能を使いこなせているかどうかをチェックする
エキスパートレベルがあります。


受験料は各試験につき10,290円ですので、
ワード、エクセル、アクセス、パワーポイント
すべての試験を希望する場合は、41,160円が必要です。


ただ、試験方法として、
全国一斉試験の場合は、
同じレベルで3科目まで受験することができますが、
随時試験の場合は、
試験会場によって受験できる科目の数が異なっています。


また、パソコン検定を受験するメリットとして、
P検は国際基準NETSに準拠した資格として認定を受けていますので、
世界に通用するスキルを身につけている証明になります。


P検は受験する級によって金額が変わり、500円〜10,000円が必要です。


P検は中学校や高校の学習指導要領に準拠した資格ですので、
学校団体受験料金が設定されています。


パソコン資格検定の受験を希望する場合は、
受験したい資格について調べてみるといいでしょう。


posted by パソコン資格ナビゲーター at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン 資格 検定 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。